人気ブログランキング |

電撃4コマの噛ませ犬。モットーは「義理と恨みは忘れない」


by F-Knights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ラウダー・ザン・ヘル!(地獄よりヒデェぜ!)

d0038318_4172411.jpg


振れよ!振れよ!頭を!
ヘッドバンギングのパワーで!
灯せ!灯せ!明かりを!
闇を照らせよ!

(師匠の真似)

つ、わけで師匠とヘヴィメタルフェス「LoudPark07」に行って参りましたよ。
約10時間(少し遅れていったからね)に及ぶ重鋼鉄天国&爆音地獄!

到着したのはお昼前、Outrageが終わりかけてた頃で
手荷物を預けてる間にTherion始まっちゃうぅ!
まさか手荷物預けるのに金かかるなんてねぇ。
こんなコトもあろうかとほぼ手ブラで行ったのですが上着がね、邪魔だったので。
身軽になったところで鋼鉄の宴へGO!
今年は「BigRockStage」と「UltimateStage」の2ステージ制。
インターバルは5~10分程度なので各ステージの後ろ方面でいいので代わる代わる行こうと予定してたのですが…

・Therion
スウェーデン産シンフォ/ゴシックロックバンド。
「LepacaKliffoth」「Theli」「Vovin」「Deggial」までしか買ってませんが、女声コーラス2人と男声Vo.2人でその荘厳で重厚な雰囲気がバッチリ再現されてました。
そしてなんと言っても96年の名盤「Theli」から「ToMegaTherion」がプレイされて感激。
大好きなんスよ、この曲!
のっけから騒ぎすぎて腕パンパンに。

・StillRemains
米国産新世代メタルバンド。
ハードコアテイストもあるからかクラウドサーファー続出→セキュリティにつまみ出される→走って戻る…の繰り返し(っぽい)
気持ちはわかるけど禁止されてることやっちゃいかんよ。
あと途中ステージにペットボトル投げ込んだヤツがいて一気に興醒め。

2ステージ連続で観た疲労でグッタリ。
悲しいけれど、これって年齢なのよね。
まぁ先は長いし、と体力回復のために飲み物買ったり煙草吸ったり物販コーナー覗いたりとフラフラ。
バンド系グッズは別にココじゃなくても買える(?)のでLoudParkのワークシャツを買ったり。
Tシャツよか高かったけど生地も厚め&胸元にロゴが入ってるシンプルな作りで着回せそう。
そそくさと着替えつつ体力温存のためスタンド席とアリーナを往復することに。

・Fastway
不勉強で恥ずかしいのですが24年のキャリア(中断アリ)を誇るブリティッシュロックバンド。
こう、大人っぽいゴリッとしたロックで落ち着いて浸ってられましたよ。
こーゆーのもイイネ!

・Nile
米国産テクニカルデスメタルバンド。
サークルピットがあちこちでできるアグレッシブなステージだったのでこれまたスタンドから。
ただ角度がない席からだったのでモニターも観れず舞台が把握できなかったのが残念 。

・As I LayDying
米国産メタルコアバンド。
ブルータルなパートとメロディアスなパートの対比に前から興味があったんですよね。
ひゃっほぅとアリーナに飛び出して騒ぐ。
グリングリン首振って酸欠気味になりつつも満足満足。
今度CDも買ってみようかなぁ。

・NocturnalRites
スウェーデン産メロディックパワーメタルバンド。
確か1stと2nd持ってたかな(そんなんばっかだ)
やっぱこの手の音楽からメタルに入ったからか、落ち着きますね。
エクストリームなのが続いてたのでココで一気にパワーメタル分を補充。

・MachineHead
米国産モダンヘヴィロックバンド。
何故か(?)3rdだけ持ってるんだよな。
これまた激しそうだったのでスタンド席に避難。
バンドの演奏も楽しいのですが客席のパフォーマンスを観てても楽しいね。
テメェら最高だ!
しっかしMCの言葉遣いが悪い悪い。
Fcuk連発で心がホッコリしちゃうぜ。

・Trivium
米国産新世代メタルバンド。
ラス2のために体力を温存しようとコレもスタンド席から。
ヘヴィパートとメロディアスパートが緩急自在に混じり合うのが気持ちいい。
ただ頻繁に変調するので首振りにくくてキツいぜ。
これも前から興味があったんだよなぁ…CD探してみようかな。

・BlindGurdian
ジャーマンメタルの雄、ファンタジー大好っきバンド。
あー…最新作買ってなかったなぁ。
んでも頻繁にアルバム出すバンドじゃないので旧譜からの曲が多く、なんとか付いていけましたよ。
セミトリってことで観客のボルテージも上がりっぱなし。
跳び回り、頭を振り、拳を突き出し、歌う!
もぅココまできたら体力は振り絞るだけですよ。

・HeavenAndHell
そして初日ヘッドライナー「メタル界の生ける伝説」ロニー・ジェイムス・ディオ期のBlackSabbathの別名バンド、HeavenAndHellです。
おそらくこのラインナップで来日するのはこれが最初で最後でしょうし、これは観ておかねば!体験しておかねば!
もぅこのバンドに関しては騒ぐとか楽しむを越えて、ただただその姿を目に焼き付けるのに必死でしたよ。
そして流れる名曲の数々!ムハー!(おかしくなってしまいまった)
ロニーの元祖メロイックサインに感激。
若干ソロパートが多かった気もしますがそのテクを存分に観られただけで大満足。
あのおいちゃん達スゲェよ!
エネルギッシュに動き回るロニー(65歳)に対し、TonyIommi(g)とGeezerButler(b)は黙々とプレイしてるのがこれまた格好良くてね!
派手なパフォーマンスしてないのに何であんなに華があるんだろう。
Geezerのベースプレイは知人のベーシストに見せてやりたかったなぁ!
もぅ指の速さがスゲェの!
伝説の人達を目の前にしてるんだ…と思わず胸が熱くなっちゃいましたよ。

そんなこんなで鋼鉄の宴は無事終了。
色んなバンドを見ることが出来て満足満足。
心地よい疲労感に包まれて帰宅しましたとさ。
毎年恒例になってくれると良いなぁ!
うぉぉ、しっかし耳鳴りが酷いぜ。

・全体的なサムシング
・何故かMCの殆どで「Hello~、TOKYO~!」と言うのよね。海外の人から見たらさいたまは東京の一部なんでしょうか(笑)WWEでもそうだったよな…「日本の東京、さいたまスーパーアリーナからお送りします!」ちゃんと「SAITAMA」って言ってたのってMachineHeadくらいじゃなかったかしら 。

・アリーナだからか、全体的に音が大きすぎて全てのパートがグチャッて纏まって聞こえちゃってたのが残念。知ってる曲のハズなのにタイトルやメロディを思い出せないこともしばしば。その辺HeavenAndHellは各パートがクリアに聞こえたのは流石というか、位置が良かったのかな。

・音関係だと、やっぱりその轟音ですかね。比喩じゃなく空気が揺れます。服がね、ビリビリ震えるの。いやマジに。あと内蔵が直接震えます。面白いのがバンドによって震える部位が違って感じるんですよ。胃袋が、心臓が、太股が、食道が、バンドによって響く部分が違う(気がする)のですよ。聴く位置でも変わるんだろうなぁ、やっぱ。

・親子連れで来てる人も。まだおしめしてるくらいのお子さまですが爆音の中リズムに合わせて椅子の上で飛び跳ねてた将来有望な子でした。メタル家族。んでも反抗期にはHipHopとか聴いちゃったりして。

・ビールっつーか全体的にモノ高ェ!ビールコップ一杯600円て!酔っぱらうまで飲んだらいくらかかるっつーんだか。

・チキンカレー&ナンは美味かったなぁ。
by F-knights | 2007-10-21 04:27 | music