電撃4コマの噛ませ犬。モットーは「義理と恨みは忘れない」


by F-Knights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

U.K.P.!

▲レベルアップ!
バイト先から電気ポットをもらってきましたよ。
新調して廃棄予定になってたのを救出しただけですが。
まだ使えるのにもったいない。
カップメンやコーヒーで結構お湯を使うので便利。

これでキタハマンの文化レベルが上がった!
まぁ…電子レンジはないけどね!
今まで何度か買おうかなぁ…と思ったことはあるけど
無いなら無いなりにやっていけるものです。

利便性だけを追求するなんて、間違ってると思うんだ!
…と少年漫画的説教台詞でシメる。
まぁ、たんに買うのが面倒なだけなんですが。

▲セクション8
そんなこんなで、ウィス。
オイラちゃんです。

夜中にチマチマと絵を描いてたらTVで映画をやってましたよ。
「閉ざされた森」
嵐の訓練中、レンジャー部隊が消息を絶った。
生還者は2名。
銃撃され入院中のケンドールと彼を運んできたダンバー。
真相を知るダンバーは黙秘を続け捜査は難航。
そこで麻薬捜査官のハーディが呼び出され捜査に協力することになる。
元レンジャー部隊で腕利きの尋問官だったハーディに
ポツリポツリと訓練中の話をするダンバー。
裏付けのために意識を取り戻したケンドールからも話を聞くハーディだが
ダンバーの話との食い違いに戸惑う。
一体どちらの話が正しいのか?
残りの隊員の行方は?
そして基地内で存在が噂される謎の組織「セクション8」とは?

…と、まぁ二転三転するお話が面白かったです。
たーだ、あまりにも頻繁にどんでん返しがあるので
「現在の話はどっちに向かっているのか」分かり難かったかも。
人名を調べるために検索したネタバレ込みのサイトでも
ラストのどんでん返しが勘定に入ってなかったし。
ユージュアルサスペクツみたいなラストで全てをひっくり返す
大どんでん返しは大好きだけど
ここまで頻繁にひっくり返されると混乱するわな。

お話の性質上、何度も見るモンじゃありませんが
未見の人はレンタルとかでいっぺん見ると良いかも。
んで、頭グルグルになるといいわ!

▲モリー・カルヴァーLOVE
一息つきながら以前買った
V.I.P. シーズン1 DVDコンプリートBOX
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント




…をダラリと眺める。
流石に一気に見られないので5枚組中2枚ほど。
それにしたって約7時間程度。
もう、ゲップがでそうです(ゲフッ)
放送時、最初期は見てなかったけどやっぱみんな若いなぁ
何か変だと思ったらクィックは最初ヒゲがなかったのね
あとターシャ役の吹き替え声優が現在と違うのか
シーズン2は確認できなかったけど(…まぁ録画してあるけど)
シーズン3からだっけかなぁ、今の人になったのって。
最初違和感あったけど、すぐ慣れた。
あ、当然吹き替えで見てます。
長年慣れ親しんだ声ですもの。
この頃はアドリブ台詞もないし(アレはアレで大好きなんだけど)
敵は容赦なく殺してるし、結構ハード路線。
後のお話にも絡んでくる悪の科学者ティナ博士や
ニッキーの祖父、マフィアのドン・フランコもこの頃から登場。
基本的に1話完結方式だけど
たまにシーズン通して出てくる人物が居るので侮れない。

最初このシーズンを見てた頃は爆弾娘ニッキーに転んでたけど
やっぱ今見るとターシャの愛らしさは異常!
CIAやKGBに在籍して(…たらしい)
他のメンバーが映画的オーバーアクションなのに1人だけ
妙に本気度の高い格闘スタイルだったり。
普段は露出の少ない服装…と徹底してスゴ腕クールなイメージなのですが
たまにLOVE話や脱ぐシーンがあると
ギャップの破壊力が尋常じゃありません!
身長も高く(177㎝)手足がすらりとしてるので走ると格好いいのもポイント。
どんな役者なのか調べたら元はモデルでコレがデビュー作なのね。
他にも こんなDVDもあるのか。
…まぁタイトル見るだけで充分想像がついちゃうんですが。

ターシャ様の素晴らしさを語っても、きっと伝わってないでしょう。
さっぱりわからないでしょう。
見たくなってきました?
見たくなってきたでしょう!?
さぁ、お店に走るのです!
そしてシーズン2の為に買うのです!!(壇上で拳を振り上げつつ)
「ターシャ・デクスター親衛隊」のオイラちゃんでした。

…とかニンマリとターシャ様の雄姿を眺めていたオイラちゃん。
この番組は(一応)著名人相手のボディーガード会社のお話なので
各話の最初に様々な有名人(…殆ど知らないけど向こうでは有名なんでしょう)とのチョットしたエピソードが語られるのですが、どこかで見たようなガタイのいいハゲ&ヒゲのオッサンが。
…もしや、と思って音声を英語に切り替えたら聞き覚えのあるしゃがれ声。

…ス…ストーンコールド・スティーブ・オースチンだぁ!!!

吹き替えが間抜けなオッサン声だったので一瞬分からなかった!
制作が98年くらいだから、丁度現役絶頂の頃じゃん!

スゲェぜ!V.I.P.!
あの「最凶の男」を守ったなんて!

日本語吹き替えでは単に「ストーンコールド」だけど
原語ではちゃんと「ストーンコールド・スティーブ・オースチン」になってました。
多分この人だけでしょうねぇ…必ず通称と共に呼ばれる人って。
分かりやすく言えば「燃える闘魂」アントニオ猪木、と呼び続けるみたいなモノで。
いくら何でも呼ぶ時全てに「燃える闘魂」とはつけませんよねぇ。
それだけ偉大なのです、ストーンコールド・スティーブ・オースチンは!
…おっと、思わぬトコロで思わぬ人を見たので興奮してしまいまった。
んでも、やっぱ格好いいなぁ、ストーンコールド・スティーブ・オースチン!
[PR]
by F-knights | 2007-03-19 04:37 | movie