人気ブログランキング |

電撃4コマの噛ませ犬。モットーは「義理と恨みは忘れない」


by F-Knights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よりぬきミクシ

▲オィーッス!
声が小さーい!もういっちょ
オィーッス!
そんなわけで北浜ちゃんです

さぁ、今年もエアコンが素敵に水をタレ流す季節になりました!
フィルター含めいっぺんバラして掃除したんだけどなぁ
…もう面倒なので『除湿器』にもなる!って思うことにする
去年作ったコレ
d0038318_21352071.jpg

再び
一晩でリットル単位の水が溜まります
どんだけ湿度高いんだか

▲そんなわけで近況列挙
作業しつつもW杯決勝戦を最後まで見る
やはり今回の見所はジダンのヘッドバットか
クリティカルヒット(色んな意味で)
…アレが現役最後になるのは残念じゃのぅ

最近また歯医者に通ってる
オイラの着てたTシャツ見て先生、一言
「StoneCold好きなの?」
先生もWWEファンでした
オイラの住んでる地域は電波状態が悪くケーブルTY普及率が高いのです
ちなみにUndertakerと「最近俳優になっちまったしなぁ」Rock様のファンだそうな
通い始めて1年くらいになりますが初めて話し込む

今月号のBURRN!購入
コラム「TalesFromTheDarkSide」はLORDIについて
まだ日本デビュー前なのに!前なのに!
まぁ欧州じゃ既に絶大な人気があるみたいだし
速いトコ日本盤出ないかのぅ…とか言いつつもマイナーでも良いからこのままのクオリティを保って欲しくもあり…複雑なトコロ
そして今月もメタル/ヘッド(以下略)の特集有り
劇中に登場したヒストリーツリーが誌上で再現され資料的価値が高いので要チェック
そういえばFairWarningの新譜は今月か…評価高いね
楽しみ楽しみ
あとはAndrewW.K.「兄貴、危機一髪」も買わねば

▲そういえば買ってた
エクリプス
アモルフィス / ビクターエンタテインメント



フィンランド産メロデス大御所の7th
超名作「Elegy」以降民族色を強めていって欧州での人気と引き替えに日本での評価がガタオチだったわけですが
今回はやってくれました
見事メロデスにカムバック!いやっほぅ!
「Elegy」と並ぶ必聴盤!超クール!

範馬刃牙 3 (3)
板垣 恵介 / 秋田書店





…何がなにやら

BASTARD 24―暗黒の破壊神 (24)
萩原 一至 / 集英社





…何がなにやら(その2)
…間が空きまくる上に地獄編の途中が抜けてるので(流石にフォローの同人誌を購入する余力もなく)話がサッパリわからない
回想シーンとかあるけど断片的なキャラクターは分かるものの、殆どどのシーンなのか理解不能
でもやっぱ絵は凄いよなぁ(一部こんな絵だったっけ?って思う部分はあるけど)
このサイズで見ると線が見辛くて目に優しくないけど
あとこのころはメロデス、ブラックメタルに傾いていたのね
アレキシ・ライホにヤンネ・ウィルマン(共にチルドレン・オブ・ボドム)にビヨーン”スピード”ストリッド(ソイルワーク)にメイヘムにセリオンにシナジーに極めつけはアモット兄弟(アークエネミー)でクレイドル・オブ・フィルスのダニ・フィルス…せっそーないなぁ(笑)

HARI
松井 ジュン / 幻冬舎




全編トライバル祭り
オイラみたいなトライバルタトゥー大好きッ子は失禁モノ
極 上 !
言葉はいらねぇ
チトお高めだけれども最近読んだ中ではダントツでお薦めの一冊

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女
/ バンプレスト




ドタバタしつつもネタ出しのためにゲームしてます
つーか1ヶ月くらい前に買って時間を見つけてはチョコチョコと
ネタ出しでRPGをチョイスするなんて正気の沙汰とは思えねぇな、オレ
完全攻略とか考えてないので、最初から攻略サイト全開
レーヴァテイルと呼ばれる特殊種族のヒロイン(2人から選択)と共に世界を救っちゃったり仲良くなったりしちゃいますよ

戦闘はターンレスで速度ゲージが溜まったモノから行動するタイプ
詩(うた)と呼ばれる魔法を詠唱し続けるヒロインを主人公含め前衛がガードしつつ任意のタイミングで魔法を発動させトドメ
結構爽快で楽しいのですが、毎回戦闘が長引くのがアレ
まぁダンジョンごとにエンカウント数が決まってるのが救い、か

アトリエシリーズのガストが開発なのでやっぱりアイテム合成があります
材料が足りない時は材料の合成から(可能な限り)遡ってくれるのが便利
初めて作ったアイテムにはヒロインが名前を付けてくれるけど、そのセンスが変(褒め言葉)ちなみに店売りもその名前に変化するので判別できず困ることも

…ここまでなら普通…っつーかネタにするようなアレはないけど
ぶっ飛んだシステムが2つ

・魔法に追加効果を付加できる「インストール」
・ヒロインの精神世界に入って魔法を強化する「ダイブ」

…この2つがあきらかに性的行為を連想させる台詞満載なのですよ
絶対、確信犯 (こんな感じ)
特にダイブの方はヒロインの精神に入り「トラウマやコンプレックス、後ろめたい感情」などを取り除くことによって眠っている魔法能力を開花させる…わけで
その取り除くテーマなんかがかなりヤバい
精神世界は階層に分かれていて、深くなればなるほど心の奥に封じてある強い感情がテーマになっていくのですが

片方のヒロインのLV7階層に入ると、ヒロインの精神が作ったドラゴンに殺されかける
このドラゴンは「偶発的な死」を表していて「主人公を他人に取られたくない、取られるくらいなら死んで欲しい」という感情
「でも自分で殺すことは出来ない!だってそうしたら、私、悲劇のヒロインになれないから!」
…なんてことを(フルボイスで)叫ばれた日には、流石に背筋に冷たいモノが

…このゲームが『CERO12』(12歳以上推奨)ってのは、悪い冗談のような(15…もしくは18歳以上推奨だと思うんだけど)
それはさておき、狂った精神世界とエロ台詞だけで充分お釣りがくる代物なのでオススメなのです
裸Yシャツ裸バスタオルでヒロインが戦うRPGなんて滅多にないよ

そういえばCEROって言えば最近はアルファベットに変わったのよね
アレってすぐに対象年齢分からないから困るんだけど
…まぁ既に立派なダメ大人なので関係ないんですがね
欧米みたくキチンと年齢区別して、大人向けの狂った暴力ゲームでないかな(変な期待)
日本版が決定したステート・オブ・エマージェンシーに超期待

▲などと
溜まっていたネタを一気に吐き出してながーくなったトコロでお終い

オチなんかないよ!
by F-knights | 2006-07-10 19:36 | dayz