電撃4コマの噛ませ犬。モットーは「義理と恨みは忘れない」


by F-Knights
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

なんとゆーかなんとゆーか(後編)

▲つづき
魂のカンフル剤、CD大量購入。

・CoB/Relentless Reckless Forever
最早デスじゃないキラデスバンドの最新作。
4枚目以降はなぁ~どうも…いや、嫌いじゃないけどどっちが好きかと聞かれたら初期3枚と即答しちゃうオイラですが、今回は初期テイストがかなり良い感じのバランスで戻ってきていて嬉しい。
うん、こうでなきゃ。

・Dreamshade/What Silence Hides
初期CoB大好き!って言わんがばかりのキラデス。
オイラみたいな初期信者にはたまりません。

・Turbonegro/Darkness Forever、PartyAnimals
スウェーデンのデスパンクバンド。
前々から気になってたけどようやく買えた。
ホモセクシャルとか少年愛好癖とかを茶化したりするお茶目なバンド。
「勃っちゃった!おっきした!」と歌う「I Got Erection」とかかなり最悪です。
「Randezvous With Anus」とかもヒデェ(笑)
…そんなアタマノワルイ歌詞に取っつきやすいメロディが癖になります。
ライブ観てぇ~!(ファンはヒトラーユーゲントにかけてTurboJugendと呼ぶらしい)

・Imaginary Flying Machines/PrincessGhibli
日本人なら誰もが知ってるジブリ映画のテーマをデスメタルアレンジするとゆー気の狂ったカバーアルバム。
イタリアの「メロデスひとり」ことディサルモニア・ムンディが流石の働きです。
デス声で「ドナリノ ドッドロォ~ドッドォ~ロ!」とか「ボォ~ニョボニョボニョ ザガナノゴォ!」とか…子供なら夜うなされそうで最高です。
…妹がジブリファンなので聴かせてみようかなぁ(笑)

・Poisonblack/Drive
元(…もうこの言い方もアレだよな)Sentencedのフロントマン、ヴィレ・レイヒアラ様のバンド最新作。
ああ、もぅ、ヴィレ様の声は相変わらずエロイ!
抱いてぇー!
前作はちょいとブルーステイストが強かったけど(アレはアレでアリだけど)
今回は速いメランコリーメタル曲が多くて、もぅメロメロ。
延々リピートしてます。
最高傑作!

・Forbidden/forbidden Evil
サンフランシスコのベイエリアスラッシュバンドの1st。
一応これで主立ったベイエリアスラッシュは手を出した…かな?
やっぱTestamentがベストかのぅ。

・Aldious/Deep Exceed、Defended Desire、Mermaid
アゲ嬢メタルとか言われてるケバいおねえちゃんバンド。
単純にメロディが気に入ったので買ってみた。
メタル初心者の入門に丁度いいんじゃないですかね。
ここからフィメール系ゴシックに流れたりジャーマン系メロスピに流れたりもアリかと。

・Manowar/Thunder In The Sky EP
オイラの魂のバンドManowar、2009年のアルバムの先行シングル。
…のハズが未だアルバムが出たって話はとんと聞かず。
まぁ、Manowar信者としては待つのには慣れてるし。
魂とか信者とか言いつつ2009年のシングルを今頃買ってるのかよ!ってハナシですが…流石に日本発売されてないシングルまではチェックしきれないとゆーか、情報が入ってこないとゆーか。
前スタジオアルバム「Gods Of War」はコンセプトアルバムで、かなり大仰な曲調だったけどこのシングル収録の新曲はかなりストレートなメタルチューンでHail!ッス。
「Kings Of Metal」の超名曲「TheCrown And The Ring」のメタルバージョンが入ってるのも超Hail!
そしてこのシングルは2枚組でして…2枚目は1枚目に収録されている「Father」を15カ国語(英語版を含めると16カ国語)で収録しているという暴挙!流石Manowar、そこにシビれる超Hail!
その15カ国語の中には日本語も含まれてまして(タイトルは「父OtoSan」)…エリック・アダムスに「オトサァ~~ン!」とか歌われると噴きそうになりますが、中身は超名曲。
ああ、早く新作出ないかなぁ~!
そして!18年ぶりの!来日公演を!



…ん~、多分、こんな感じ。
モレがあるかもしてませんが。

そんなわけで。
でわ、また(色んな意味で)
[PR]
by F-Knights | 2011-05-05 13:45 | dayz