人気ブログランキング |

電撃4コマの噛ませ犬。モットーは「義理と恨みは忘れない」


by F-Knights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お前は今までに下げたパンツの回数を覚えているのかっ!

▲日常とかそんなの(ブログっぽいだろ)
ウィス、オイラちゃんです。

うへぇ、ジメジメするのぅ…イヤな季節になりました。
紙が湿るので今年初除湿器起動。
ブッンブン動かしながら更に寝床のロフトには押入用の除湿剤を設置。
過剰に乾燥させると身体には良くなさそうですが。

W杯はそれなりに楽しんでおります。
キャプテン翼の国出身故、サッカーは一番身近なスポーツですし。
プレイも楽しいのですが、選手のTattooを眺めるのが秘かな楽しみ。
ポルトガルの16番(名前など知らぬ)がなかなか素敵(ウットリ)


近代麻雀を購読し始めてそこそこ経ちます。
きっかけになったムダヅモも楽しみですが最近のお気に入りは「卓上のコビト」
一部の人間にしか見えないコビトのイタズラ(=イカサマ)を使った超常麻雀バトルマンガ…まぁ、簡単に言えばJOJOのスタンドmeets麻雀。
コビトにはそれぞれ「相手と自分のデキメンツを入れ替える」とか「自分の手牌と相手のテンパイした手牌を入れ替える」とか「相手の手配を何枚か固定する」とか「卓に面した牌の柄を張り替える」とか、豪快な能力ばかり。
麻雀マンガを描きたいと思う今日この頃ですが、正直このコビトのアイデアにはやられたなぁ、と。
ルールはある程度覚えましたが、どうしても読み合いの経験値が足りないわけで…スジを読むとか、捨て牌で相手の役を推測するとか、まだ無理。
そうなると正攻法の麻雀マンガは描きにくい…その点、特殊能力系なら色々アイデアの盛り込みようもあったと思うのですが。
むぅ…悔しいのぅ。

▲お買い物地獄編第二幕
先日の資料大量購入に続き、チマチマと届き始めた第二陣。
前回はデザイン系だったけど、今回は格闘系。

・世界格闘技 関節技事典
結構古い本。
その名の通り様々な関節技をまとめた本。
それぞれ攻める部位「首・頭部」「肩」「肘」「手首」「脚」ごとに「大東流・合気」「柔道」「古流武術」「プロレス」「コマンドサンボ」「その他/擒拿術(中国拳法の掴み・極め技)、軍隊格闘技、空手など」を紹介。
知らなかった技法も多く勉強になるのですが、広く浅く…まぁそれぞれガッツリ知りたければ、その格闘技・その流派を専門的に調べろってことなんでしょうけど、世界と付くワリには日本に偏ってるチョイスとか。
一連の流れを淡々と言葉で説明してるから読みにくいし、一部の技は出来損ないのデッサン人形みたいなポリゴンモデル(時代的に)で図解もされてますがあまり意味がないとか(人体の前後すら判別し難い)
あとコレは別に説明がどうこうじゃないのですが、技の入りの設定が細かすぎる。
相手が右から打ち込んでくる、左から打ち込んでくる、立ってる、座ってる、自分の身体を掴んでるetcetc…最終的な極める形や理論は同じなのに前提条件で技名が変わってくるのがややこしい。
例えるなら3D格ゲーみたいな「PK」と「PPK」と「PPPK」と「PPPPK」と「PKPPP」が全部違う名前…みたいな。
「自分の繰り出した右突きを相手が左手で受け、右拳で顔面に裏拳を入れ、更に右足で中段を蹴り、小手返しによる投げ技をしかけてきた時の反撃技」…って前提条件厳しすぎないか(笑)
まぁ、型稽古みたいに一連の流れで基本を学ぶって事なのかもしれないけど。

戦場格闘技として古流武術が流儀・流派として確立され始めたのが500年くらい前、江戸にはいると武士の護身術として流派の数が膨大に増え隆盛を極めた…らしいのですが。
あくまで推論というかオイラが思うにすぎませんが、戦の無くなった江戸の世で技を増やして複雑にすることで格を付けたがったんじゃないかなぁ、と。
殺す為の技は必要なくなったので儀式的に体系付ける必要があったみたいな。
オイラの好きな封仙娘娘追宝録の短編の一節を思い出したり。
「刀にゃ、刃がついてるんだから、体を鍛えて、相手より先に一撃を当てられるようになりゃ、技術なんて、要らないんですがねえ」
「それ言っちゃ、飯の食い上げだから、大層な技法を、あのガキに教えましたよ。おっとっと、でたらめを教えちゃいませんぜ。あの技法は、『源天流槍術、呑龍回帰』を打ち返す為のやつで、ちゃんと武芸書にも載ってますぜ。もっとも、あのガキがこれからの生涯で源天流槍術と何度やりあうかは、知った事じゃないですがね。ま、よくて一回あるかないかってところですかい。武芸の流派は、星の数ほどあるからねえ」

・…要はこんな感じじゃないのかなぁ

さっきの技だって生涯で使う機会が一回あるかないかじゃないかなぁ。

世界格闘技 関節技事典

高平 鳴海 / 新紀元社



・図解中国武術
これまたそのものズバリ。
中国武術の各流派、攻撃方法、兵器(武器)に関してズラズラと。
基本見開き=1項目、更に1Pが殆ど図ってことで1項目に関しての情報量は少ないのですが。
あと、これまた個人的なアレですが、所々に著者の主張が漏れてるのがなぁ…いやまぁ、正しいこと言ってるんだとは思うのですが、こーゆー事典系では勘弁願いたかったり。

…健康の事も考えて太極拳とか通ってみようかねぇ。
確か近所の公園でやってるの見たことあるし。

図解 中国武術 (F-Files No.022) (F‐Files)

小佐野 淳 / 新紀元社



他にも大物が1冊、予約中ですが。
それはまた、次の機会に。

・Eluveitie/Everything Remains As It Never Was
スイスのペイガン/フォーク/デスメタルバンド。
MITHOTYNとかFALCONERみたいな感じかなぁ、と思ってたら
結構硬質な感じでヘヴィ。
ホイッスル、バグパイプ、ハーディ・ガーディ、フィドル…みたいな民族楽器とゴリゴリのヘヴィミュージックが絡むのは素敵なんですが。
もうちょっと起伏があればというか…全体的にゴチャって固まってる感じがするのが残念。

エブリシング・リメインズ(初回限定盤)(DVD付)

エルヴェイティ / ハウリング・ブル・エンター



・青空にとおく酒浸り(3)
2巻が遅れた(?)おかげで立て続けに読むことが出来てラッキー。
そーいや、ノーパナイザーって最初カードの名前ではスカイラーク・フォルクスじゃなかったっけ。

……まぁ、それはともかく。
…か、火星人だぁ!

むぅ、確かに6代目が抜けてたのが不思議だったけど…このために?!(考えすぎです)
次は謎の十七条拳法を使ったり頑丈人間が出てきたり阿蘇の山奥のスポーツアカデミーに入学したりするんでしょうか(ハァハァ)
…にしても何で急に火星人なんだろ。
まさかもう火星人の続きが出ることはないから…とか?!(涙目)

…それはそうと4巻はいつになるのかのぅ。
完結までこの手で掴まないと安心できないですぞ。

青空にとおく酒浸り 3 (リュウコミックス)

安永 航一郎 / 徳間書店



・ロケみつ/関西縦断ブログ旅
関西方面で放送されている番組で、去年くらいからこちらでも放送中。
旅の内容をブログに書き込み、それに対するコメント数を旅の資金にして進む。
更にコメント数チェックの際にサイコロを振って獲得金額を増やしたり(6でコメント数×10倍)減らしたり減らしたり減らしたりする。(1でコメント数×0.1倍。なぜか1が出まくる)
…なかなかヘヴィなルールですが、第2期以降の「1が出たら所持金没収」に比べたら、まだ天国だったような。
正直あのルールは停滞するので微妙なんですが。

そして旅をするのがエヴァのアスカのモノマネ芸人。
ザッピング中に「!?」っと手が止まったわけですが。
ネタ番組で見かけたことはあったけど…正直ちょい痛い(笑)
最近じゃ新劇場版とかで盛り上がってるみたいだけど、オイラの中ではリアルタイムで終わってるというか、まぁ、過去のアレなので。
…とか言いながら見続けていくと馴染んでくると言うか。
最近ではオイラの中ですっかりコチラが本物扱いに。
天然&ハラペコキャラですよ。
モノマネ云々抜きにしてキュンキュンくるよ!(笑)
BGVとしてタレ長し続けると良い感じに。

第2期の四国一周、第3期の西日本横断もDVDになるかねぇ。
…まぁまだこっちでは西日本横断が始まってないからアレだけど、四国一周は過酷な場面が多かったからなぁ。
ちょっと見るのが辛いかも。

ロケみつ ~ロケ×ロケ×ロケ~ 桜・稲垣早希の関西縦断ブログ旅 1 トラの巻 [DVD]

よしもとアール・アンド・シー


ロケみつ ~ロケ×ロケ×ロケ~ 桜・稲垣早希の関西縦断ブログ旅 2 パンダの巻 [DVD]

よしもとアール・アンド・シー




そんなわけで。
でわ、また。
by F-Knights | 2010-06-19 09:46 | book