電撃4コマの噛ませ犬。モットーは「義理と恨みは忘れない」


by F-Knights
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お知らせサムシング。

▲コンボ
ウィッス、オイラちゃんです。
色々ドタバタしてましたっつーか、まだしてます(バタバタ)
そんなわけでお知らせなんかをサックリと。

その1。
8月に約3年ぶりに復帰したコミティア。
これからガリガリやっていくぜぇぇぇ!…と気合いを入れてましたが
…スンマセン、早速11月はお休みします。
色々と作業が手詰まりで申し込みも出来ず。
新刊も出せそうになく。
まだ既刊が残ってはいますが、それだけ持っていくのもなぁ、と。
どうせ参加するなら新しいの用意したいしね。
…てなわけでスンマセン。

その2。
ドタバタ繋がりですが、ちょいと前からココのコメント欄を閉めてます。
最近は更新どころかPC自体電源を入れることがあまりなく。
「出会えた」とか「稼げた」みたいなコメントを管理できないモノで。
状況が落ち着いてきたら元に戻そうかな、と。

その3。
…てなわけでドタバタの元凶(笑)ですが
11月28日にUSA2巻が出ます(予定)
まぁまだ本誌の方で発表になってないっつーか
オイラもさっき新刊発売カレンダーで知ったのですが(笑)
…本当に出るんだなぁ(しみじみ)
悪ふざけいっぱいIQの低いマンガになっておりますので
ヒトツ、宜しく御願い致しますです。
えへへ。
…この頃は単行本になるなんて夢にも思ってなかったから
色々危ないコマが多くてねぇ…もうちょっと考えろよ、昔のオイラ。

そんなわけで。

▲お買い物メモ
時間を見つけて本屋までフラフラ。
三者三葉 (6) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムきららコミックス)
荒井 チェリー / / 芳文社




4コマで6巻ってスゲェよなぁ。
西山さんがいっぱい出てきたので満足。
初登場時からお気に入りだったけど…こんなにお話に絡むようになるとは。

火星ロボ大決戦! (3) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
なかま 亜咲 / / 芳文社




完結編。
…いいのかなぁ、コレ…色んな意味で、な御下劣4コマ(褒め言葉)
懐が深ェぜ…きららキャラットっ!

となりのだんな様 (電撃コミックス EX)
野々原 ちき / / アスキー・メディアワークス




やっぱ線が綺麗だなぁ(4コマじゃないからすこし雰囲気違うけど)
1度原画を見てみたいけどやっぱフルデジタルなのかのぅ。
元不良の女子高生と小学生男子が許嫁で…ってお話ですが
…USAの両親の過去で似たような話を描いちゃってたオイラ鬱。
足下にも及ばねぇっつーか、パクったとか思われそうでイヤン。

マンガ 必殺技 完全分析 [別冊宝島] (別冊宝島 1552 カルチャー&スポーツ)
/ 宝島社




マンガ名ゼリフ大全 [別冊宝島] (別冊宝島―カルチャー&スポーツ (1547))
/ 宝島社




ネタ本として。

デッドエイク・デラックス・エディション(3ヶ月限定スペシャル・エディション)(DVD付)
ローディ / / BMG JAPAN




まだ届いてないけどね。
楽しみじゃのぅ。

以下拍手レス
[PR]
by F-knights | 2008-10-29 20:05 | dayz

野蛮の宴。

▲ハロー、トーキォー!(さいたまです)
オィッス、オイラちゃんです。
本日は鋼鉄の宴LoudPark08に行って参りましたよ。
色々あって煮詰まっていたので魂の洗濯です。

d0038318_1753482.jpg

そんなわけで師匠&ツレと、さいたまスーパーアリーナまでGO!
今年はSlipknot効果でしょうか、去年より人の入りが1.5倍くらい入ってたんじゃなかろうか…アリーナの2ステージも常に人が溢れスタンドもほぼ満席。
年齢的に流石にあの人混みの中に突入して暴れるだけの体力はなく。
今回は殆どスタンド席からの参加になりました。
おかげで前の座席の背もたれや柵に体を固定することが出来てヘッドバンギングしやすかったのが助かりましたが。
初日(18日)のラインナップは以下の通り。

・HeadPhonePresident
日本のヘヴィバンド。
物販の行列を入場の列と勘違いして入るのを遅らせるっつーボケをかました所為で丸々見逃したり。

・Secret&Whisper
カナダ出身の新人バンド。
ハイトーンヴォーカルが印象的なネオクラ系かしら。
音楽的にはかなり好みの部類にはいるのですが…やっぱり場数ですかねぇ。
もうちょっと楽曲に緩急があるとフェスで盛り上がると思うんですが。
あとヴォーカルがかなり厳しそうだったり。

・Airbourne
オーストラリア出身の新人R&Rバンド。
AC/DCっぽいっつーかリフが格好良くノリの良いロックでした。
ライブ映えして格好良かった。

・Apocalyptica
フィンランド産チェロ3人組(+ドラム)バンド。
Metallicaの曲をチェロでカバーするデビューアルバムでネタバンドのイメージが強かったのですが、これがまた!
長髪をガンガン振り回しチェロを抱えて走り回るライブパフォーマンスにノックアウト! …いやぁ、Apocalypticaでこんなにヘッドバンギングできると思わなかったなぁ。
楽曲メインだとばかり思ってスタンドから見ていましたが、ステージまで行けば良かった…!
3曲くらい(…1曲タイトルが思い出せない)演奏したMetallicaが格好良かったな。
ちょっとアルバム探してみよう。

・Obituary
フロリダ産デスメタルシーンの重鎮。
つか、デスよかスラッシュっぽくて聴きやすくて格好良かった。
酒を飲みながら聴く野蛮な音楽に頬肉プリップリのオイラちゃんでした。

・Meshuggah
今回初来日したスウェーデンの超絶変態的(褒め言葉)技巧派集団。
アルバム聴いてスゲェスゲェ連呼しますが、ライブで見ると正に
( ゜Д゜)ポカーン
よくあのテンポをみんなで合わせて的確に演奏できるなぁ。
スゲェ !
ただメインのスピーカーより高い位置にいたからか音がイマイチだったのが残念。

・Dragonforce
多国籍速弾きピロピロバンド。
最早キーボードなのかギターなのかわっかんねぇ!
ピロピロピロ弾きまくり!
ラストで「ThroughFireAndFlames」を演奏したのですが
未だにGuitarHero3でクリアできた試しのない因縁の曲!
しかもEasyなのに!
好みの路線だけれども、これだけワンマンフルセットってのは勘弁な。

・SonataArctica
フィンランド産パワメロバンド。
流石にDragonforceの後に続けては厳しいかな、と
外に出て物販コーナーを覗いてみたり缶コーヒー飲みつつ一服したりしてました。
メンツの歳も歳なので、このくらい余裕があるスケジュールでいいよね。

・Carcass
リヴァプールの残虐王、約14年振りの来日!
メロディックデスメタルの基本になったとも言える名盤4th「Heartwork」からも次々と名曲が繰り出されて大満足。
やっぱカッケェーなぁ!
ステージ脇の大型ビジョンにグロ映像(医療関係)が延々流されてたのが、らしいっちゃらしいっつーか、ダメな人は直視できなかったろうなぁ(笑)
臓物を延々切り刻んでいたり、遺体を切り開く映像を眺めながら暴力的なリフに首を振っていると別世界にトベます(悪趣味)
病気チ●コ(無修正)が次々と映し出されるパートは流石に途中で中断したみたいだけどな。

・AvengedSevenfold
アメリカ産新世代メタルバンド。
いかにもアメリカなロックスター的佇まいの若者がIronMaidenバリのツインリードギターをギャリギャリ炸裂させてくるのが格好良く。
流石に場慣れしてるっつーかパフォーマンスに華があるね。
ツインギターがそれぞれ右利きと左利きなので背中を合わせて演奏するとギターがVの字になるのが格好いい。
ただまぁ、折角のツインリードギターはもう少し良い音で聴きたかったなぁ。

・Down
BigRockStageのトリ。
元Pantera、フィル・アンセルモの新バンド(このバンドでは初来日、かな)
…あー、フィル・アンセルモ太ったなぁ…あとロン毛似合わねぇなぁ。
悔しいことに力尽きて途中何度か意識が飛んでた。
…つか、音的にPanteraとどう違うのん?

・Slipknot
18日の大トリ、みんな大好き(観客のTシャツの6~7割くらいはSlipknotだった気がする)激音覆面サーカス集団9人組。
もぅ、視界がほぼすべて人で埋まってます(アリーナもスタンドもビッチリ)
ドラムやパーカッションセットが上下回転したり、パイロ炸裂したり炎が上がったり(室内公演で大丈夫だったのかしら)エンターテイメント溢れる素晴らしいステージでした。
師匠もツレもSlipknot初見なのに堪能できたみたいだし。
各アルバムから盛り上がる曲が上手くチョイスされて、あっという間の約80分。
Vo.のコリィは気難しいイメージを勝手に持っていたのですが、カタコトの日本語を混ぜて盛り上げたりして愉快なお兄ちゃんって感じ。
惚れちゃうぜ!(尻を押さえつつ)
いやぁ、堪能した堪能した。

今回の個人的ベストパフォーマンスはやっぱSlipknot
次点でちゃんと見たかったApocalypticaかな。
定着させて来年も開催して欲しいなぁ。
今から楽しみ楽しみ。

その後終電ギリまで居酒屋で飯を食いつつライブ後トーク。
これもまた楽しみのヒトツ。
…つかまぁその後、帰りの電車が人身事故で地獄を見ましたが。
飛び込みだったら末代まで呪われてしまえ。
もしくは100回生まれ変わって100回死ね。

最後の最後でちょいとミソが付いたのが残念じゃのぅ。

そんなわけで。
でわ、また(メロイックサインを振りかざしつつ)

以下、お買い物日記。
[PR]
by F-knights | 2008-10-19 04:28 | music
▲久々の酔っぱらい(不覚)
ぬぅ、涼しく…っつーか寒い。
PCに優しくなってきたっつーかファンの音が気にならなくなって良い感じ。

ウィッス、オイラちゃんです。
本日は打ち合わせ1件。

…の前に折角外出するんだから、と新宿でメガネを新しくすることに。
さくらやの1980円コースが気になっていたけどレンズの度数を変えられず断念。
予備で作るには便利そうだね。
しかたなく5000円コースで妥協…つーか現使用メガネを下取りに出せば2000円になるから実質3000円程度で作れたんだけど(前のメガネもこのコースで作ったし)
3年振りに視力を測ったら右目は上がって左目は下がってた。
…バランスが崩れて見辛くなってたのね。
あと両目に軽い乱視が入ってきてて軽くショック。
フレームは思い切ってセルの太めにしようかと思ってたけど、上手く頭部にフィットせず(頭デカいので)結局余り変わらずちょい残念。
にしても視界がクッキリするって幸せだなぁ(はふはふ)
視力が悪い人間にしか分からないと思うけど。
打ち合わせ中にレーシックの話題も出たけど…ちょい考えちゃうなぁ。
目が覚めた瞬間視界がハッキリしてるってのは、ここ20年体験してないから新鮮なんだろうなぁ。

メガネを作ってる間に時間つぶしでフラフラ。
画材を補充して本屋覗いて。
ファミダス キャラクター編 (Family Computer Dictionary Allround Series) (Family Computer Dictionary Allround Seri
毬夫 / / マイクロマガジン社




RPG伝説~80年代編~ (GAME SIDE BOOKS)
/ マイクロマガジン社





ネタの足しにしていこう。

その後目的地を通り過ぎる基本的ボケをカマして遅れつつ打ち合わせ 。
まぁ打ち合わせっつっても8割くらい別の話をしてましたが。
映画やら漫画やら色々マニアックな話を。
しかも入った店の店員さんもマニアで水島シンジ論を熱く語り合われた日にはどうしようかと思いましたが。
次回打ち合わせまでにドカベンは読破しておくことに(企画には一切関係ないけど)
にしてもフラリと入ったアジア料理店がアタリでねぇ。
どの料理もスパイス効いてて尚かつ辛すぎず。
作業あるから酒は飲まないって決めてたけで各国のビールが揃ってて「今、ここで飲まなきゃ今後飲む機会ないぞ!」と誘惑に負けてちょびっと飲んじゃったい(てへ)
イスラエルのビールとか美味かったなぁ。
あとマリファナビール(ディスプレイ用の瓶を特別に空けてもらった)
なかなか面白い店だったので今後も通っちゃおうかなぁ。

そんなに飲んでないつもりだけど
酒飲んだの今年2度目くらいなので結構回ってます(フラフラ)
あんまり飲む機会もないし飲みたいと思うことも少なくなってきてるので
どうせ飲むなら今回みたいに楽しく飲みたいよね。

▲人狩り&お買い物日記
相変わらずネットでちょこちょこ注文しつつ。
便利だけど引き籠もり率が跳ね上がっちゃってねぇ。
まぁ、いいけど。
家族ゲーム 4 (4) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)
鈴城 芹 / / アスキー・メディアワークス



子供模様 2 (2) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)
斉藤 和衛 / / アスキー・メディアワークス




Enjoy!ネットぴーぷる 3 (3) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)
宮 須弥 / / アスキー・メディアワークス



全種買いは基本です。

あと当然リストを貼れませんが。
前回の日記で書いた「洋ゲー通信」を読破したら洋ゲー熱が再燃。
オイラのようなボンクラゲーマー御用達のメッセサンオーカオス館のページをツラツラ眺めていると…うぉぉぉぉぉ、Manhunt2のPSP版なんて出てるじゃねぇか!
PSPは(ゲームに関しては)リージョンフリー!
これは!これは!これは!今買わなきゃ後悔する!絶対!
…と鼻息荒く速攻注文。
で、届きました(満面の笑み)
d0038318_02542.jpg

まぁ、まだやること多いから遊べないけどねぇ。
英語がさっぱりなので事前にある程度動画やレビューで下調べしつつ。

GTAで全世界のボンクラゲーマーの心を鷲掴みにしたRockstarGamesの超問題作Manhuntの続編。
前作は「殺人鬼がスナッフムービーの為に人を襲って殺害シーンを撮影する」っつー暴力描写抜きにしても言い訳の出来ないアレっぷりで大問題に(初期装備がポリ袋ってのに本気度を感じる)
おかげで今作はレーティングが厳しくなり、前作同様の描写をするとAO(AdultOnly)指定確実、レーティングAOを喰らうと流通経路が限定されてしまうので泣く泣く描写をマイルドにしてMatureまで下げた…ってのがマニアの間では評価が分かれてるらしく。
つか、バイオレンスな洋ゲーの殆どがMatureなので充分アレだと思うんだけど。
実際に動画を見てみましたが、殺害シーンになると画面にモノクロのエフェクトがかかるのが修正らしい。
パッチを当てるとはずせるらしいけど知識もないので断念。
でもカメラワークで上手く隠れてるので修正ハズしても問題ないんじゃないかなぁ…つか、このくらいなら日本でも大丈夫だと思うんだけど…
ストーリーはどうやら精神病院に入院してる主人公がひょんなことから抜けだして…ゴメンナサイ、前言撤回します日本じゃやっぱ無理です。
で、黒服のエージェントに追われながら謎を追っていくらしい…ってえ?「Manhunt=人間狩り」ってこっちが狩るんじゃなくて狩られる側?
基本的にはステルスアクション、MGSっつーより相手の死角を付いての処刑って考えると天誅シリーズが近いかも。
未発見状態の相手に近付いてロックオン、□ボタン押しっぱなしで殺害残虐度が3段階に変化する模様。
ただ見てる限り主人公は素人なのかグチャグチャ殴りまくるだけなのが残念。
まぁ実際に殺ってみないとわかんないけどね。

現在の洋ゲーのバイオレンス描写の限界(MatureとAOの線引き)とか色々勉強になりそうなので時間見つけてガッツラ遊んでみたいですね。

…っつーか未開封ソフトが他にもあるし、遊ぶ暇が無いのに買うべきソフトが多くてねぇ…10月には「勇者のクセになまいきだor2」「GTA4」(360版)、来月には日本一ソフトの「プリニー」出るし。
プリニーは1撃死(設定変えられるけど)っつーオールドスクールの香り漂うACTゲー。
残機1000からスタートってところに「1000回ブッ殺す」っつーメーカーの殺意を感じて興奮しちゃうんですが(Mなので)
早く遊べるだけの時間を作りたいのぅ。

そんな感じで。
でわ、また。

以下、拍手レス。
[PR]
by F-knights | 2008-10-02 00:21 | dayz